氷河期世代はいつ解凍されるのかしら

氷河期世代もしあわせになあれ。氷河期世代も楽しく生きられるようになあれ。

新卒派遣

新卒派遣2年目の頃、高卒専門卒で正社員として入社した女性数名が入社半年くらいで責任のある仕事を担当しているのを目の当たりにして、ショックを受けた。

 

大学の学費自分で払って卒業して新卒派遣しててもどうしようもないということを思い知らされた。

そのことに抗うように抜け出せるようにと懸命に仕事に取り組んでも、あたしは派遣だった。努力がキャリアに逆効果すぎて辞めた。

しかし、そのあと、坂道を登ることはできなかった。

 

 

信じられないけれどごく稀に聞く、派遣から正社員になったとか、アルバイトから正社員になったという話、あれはとんでもないホワイト企業に派遣されてたのかな?アルバイトに行ってたのかな?

不思議で謎で。しかたない。そういうこともあるのかな。

 

ともかく、それでも、正社員に転向できなかった者は自己責任、努力不足と言われるために、派遣で無駄ながんばりに時間を費やした人は多いのかと思う。

せつない。

 

そういえば、官公庁の派遣社員が入力業務の単純作業のみを担当していたりすることから、人口の多い公務員の人が『派遣社員は簡単で単純な作業しかしてない人』のように思い込んでしまって、行政が派遣やアルバイトの待遇問題を矮小化してしまったなんてことがあったのかもしれない。なんて時々考える。推論であり、証拠は特にない。

 

だけど、今でも、なぜか、派遣は楽な仕事と思い込んでしまっている人はたしかにいる。

 

よくわからないけど、身分制度だと考えれば全てがつながる。つじつまが合う。

そのようなことを言われる対象として役割として作られたと考えれば全てつながる。

 

作られた身分制度に翻弄されてしまっている。

せつない社会。

 

元々、特殊で特別で優遇された派遣社員だった人や職などまでその大きなうねりに飲み込まれて、身分制度に組み込まれたりしてしまっているのかしら。わからない、せつない。